企画設計から加工、アフターサービス、
リサイクルまで
新井製作所は熟練の技と新しい技術を融合し、企画設計から製品化、メンテナンスまでを一貫した管理体制のもと、創業当時の精神を忘れることなく、柔軟な感性と発想力を持って、お客様から求められる製品を高次元でお応えできる企業です。
一貫した管理体制の図

新井製作所のこだわり

良い金型とは、「図面の要求事項を満たしトラブルの無い成形ができてなおかつ、製品の品質が安定している」ものだと思います。もちろんできた製品には設計者の「意図」が反映されて無ければなりません。

そこで弊社では、金型製作前に設計者の方と充分な打ち合わせを実施します。量産での安定した製品を供給することを第一に考え、問題点の解決にあたっております。

製品の品質・納期・コスト全てにおいてのキーは、“金型の良し悪し” にかかっているといっても過言ではございません!

炭素繊維強化プラスチック(CFRP)金型の写真
炭素繊維強化プラスチック(CFRP)金型

金型の納期について

お約束した納期を厳守するために、樹脂メーカー、成形メーカーへ出向き、確認する事を徹底しております。
また、金型製作に関しては、その時々に発生した問題点について、関係部署を召集し打ち合わせを行い、
早い段階で潰していくようにしております。
高品質な金型をお届けできる体制を社内で整えております。

事業内容

金型製作事業

工作機械による加工で大物金型、3D形状も難なく切削することができます。
材料調達からの一貫加工、その他にも多様な設備にて対応致します。

  • 圧建材総機械加工金型
    圧延材総機械加工金型
  • 鋳造品総機械加工金型
    鋳造品総機械加工金型
  • エアシリンダー付アンダー形状金型
    エアシリンダー付アンダー形状金型

木型製作鋳造事業

人工木材(ケミカルウッド)を使用し高精度の木型を製作しています。
薄肉、深物、難形状にも対応致します。

  • 木型製作鋳造事業イメージ写真1
  • 木型製作鋳造事業イメージ写真2
  • 木型製作鋳造事業イメージ写真3

フッ素樹脂コーティング加工事業

塗装膜には種類があります(離型重視塗装、成形品ツヤ出し塗装)用途に応じた塗装を選定し施工致します。

  • フッ素樹脂加工事業1
  • フッ素樹脂加工事業2
  • フッ素樹脂加工事業3

プラスチックリサイクル事業

グループ会社(株)カンエツと共に廃プラスチックリサイクル事業を行っております。

地球の限りある資源を大切に使い、廃棄物の発生を抑え地球への負担が少ない環境と経済が両立した循環型社会を作っていくため関係者の皆様と、新井製作所はリサイクルを推進しています。

金型のみでなくその後のリサイクルまで考えることが新井製作所の特長の1つです。
国内にて再製品化も可能です。

グループ会社(株)カンエツ HPへ

廃プラスチックリサイクル事業のイメージ

その他業務

  • EPS成形用フレーム、EPP高圧成形用フレーム、
    省エネ耐熱塗装
  • 発泡樹脂成形機オーダー部材、成形機器改造
  • 回転成形用金型
  • 真空成形用金型
  • 発泡ウレタン成形用金型
  • スキー成形用金型
  • アルミニウム部材、試作品
  • 樹脂試作品(3Dプリンター、3D切削加工)
  • 発泡スチロール用鋳造用木型(NC加工内部、他外注)
  • 3Dデータ設計、3Dスキャン(3Dスキャニング)
  • アルミ製マスターフレーム各種の写真
    アルミ製マスターフレーム各種
    定番のサイズは在庫しています。
    (用役カスタム可)大型小型問わず、単品でも製作可能です。
  • 大型/高圧成形用鉄フレームの写真
    大型/高圧成形用製缶フレーム
    特注オーバーハングも承ります。
  • 成形機可変アタッチメントの写真
    成形機可変アタッチメント
    アタッチメントにて他機種での成形が可能になります。
  • 関連資材の写真
    関連資材
    発泡成形関連部品も取り扱っております。
  • 関連資材の写真
    関連資材
    予備ホッパー/バンカーもカスタムいたします。
  • 関連資材の写真
    関連資材
    成形品接着プレス機など、補助的機器の製作も可能です。

すべて日本製のため都度カスタムが可能です。
作業環境改善に貢献!

開発業務

  • 発泡スチロール省エネ金型の製造及び省エネ部品
  • CFRP(炭素繊維強化プラスチック)金型及び関連加工
  • 小水力発電システム関連の製造
  • プラスチックリサイクル材料の販売

アフターフォロー

最近は、金型予算の枠取りも厳しいため、“更新型を製作するよりは修理・メンテナンスで金型寿命を延ばす”ご要望が多くなっております。

  • アフターフォローのイメージ1
  • アフターフォローのイメージ2
  • アフターフォローのイメージ3

“金型修理・改造・メンテナンス” は、何よりも経験、ノウハウが必要です。
図面が無い金型に対して、見た目の確認だけで、お客様で使用されていた状況を想像し、それを踏まえて元の形状を予測して修理します。
とても難易度の高い仕事です。

新井製作所は上記作業に特化した職人たちを揃えています。
次世代修理スタッフの育成にも注力しています。

海外での金型メーカーではこの修理作業のスタッフが圧倒的に不足しています。
そのため、低コストで金型を購入できるもののその後のアフターフォローが疎かで、金型寿命が短くなり、結局は高コストになったと言う話もよく聞かれます。
金型修理アフターこそ、きめ細かい対応と“おもてなし精神”が必要であり、新井製作所らしさ、当社の強みが発揮できるサービス部門です!

お問い合わせはこちら
ご質問やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

[ 本 社 ]
026-246-9547
(平日 9:00~17:00)