製品事例 | アルミニウム金型または発泡スチロール金型部材・試作製造・フッ素樹脂コーティング加工・廃プラスチック類中間処理

製品事例Product

金型事例

  • 発泡樹脂用金型イメージ
    発泡樹脂用金型
    (A5052 1600×1200×370)
    発泡倍率30倍相当品用金型
    業務用エアコン部材です
    コアは圧延材切削
    キャビは組み立て式
  • 発泡樹脂用金型イメージ
    発泡樹脂用金型
    (A5052 1310×1310×20 )
    発泡倍率20倍相当品用金型
    住宅床暖房の保温部材です
    圧延材切削
  • 発泡樹脂用金型イメージ
    発泡樹脂用金型
    (A5052 + C3713P )
    発泡倍率3倍相当品用金型
    業務用冷蔵庫部材です
    低倍率品のため高強度仕様
    組立+切削
  • 発泡樹脂用金型イメージ
    発泡樹脂用金型
    (A5052 1350×1200×60)
    発泡倍率15倍相当金型
    化粧型枠の意匠面です
    図面レスから製作
    (木目形状3Dスキャナー)
  • スキー成形用金型イメージ
    スキー成形用金型
    (A7075 2050×300×120 )
    スキー樹脂用プレス金型
    圧延材切削
  • 回転成形用金型イメージ
    回転成形用金型
    (KN500 1300×1100×390 )
    370L用薬品タンク金型
    4コマによる組立成形
    圧延材切削
  • 真空成形用金型イメージ
    真空成形用金型
    (KN520 1800×600×400 )
    流しそうめん用金型
    圧延材切削+AC7A
  • 回転成形用金型イメージ
    回転成形用金型
    (A7075 350×300×160 )
    オブジェ花瓶用金型
    圧延材切削
    図面レスから製作
    (花瓶全体3Dスキャナー)

ワークフロー

当社製作金型による多種多様の発泡樹脂製品

発泡スチロール(はっぽうスチロール、foamed styrol)は、合成樹脂素材の一種で気泡を含ませたポリスチレンです(発泡プラスチックの一種)。
なお、スチロールとはポリスチレンの別名です。また発泡スチロールの98パーセントは空気です。

  • 部品供給ロボットトレーイメージ
    部品供給ロボットトレー
    用途に合せた素材、形状を提供出来ます。
    発泡製品であるが故に物流における部品の保護にも役立ちます。
  • 空調機器ドレン皿イメージ
    空調機器ドレン皿
    熱交換後の凝縮水の露受けや断熱材として使用されます。
    発泡樹脂とABS樹脂との一体成形する事により、隙間なく密着し、断熱性能が向上します。
  • 止水栓断熱材イメージ
    止水栓断熱材
    寒冷地による水道の凍結を防ぐ優れものです。
    製品4種類によって組立後は1つの製品となります。
  • 自動車部材サンバイザーイメージ
    自動車部材サンバイザー
    自動車サンバイザーの心材です。
    発泡樹脂+ABS樹脂+金属による一体成型品の精密製品です。
  • 化粧型枠イメージ
    化粧型枠
    木目形状の化粧型枠です。
    岩肌、ブロック等のどんな形状でも型枠になります。
    複雑な表面形状をコンクリートに転写できる一品です。
  • ヘルメット心材イメージ
    ヘルメット心材
    ヘルメット重要部製品です。
    高い緩衝効果、適度の硬さ軽さ、コストを含めて発泡樹脂が利用されています。
  • 生ごみ処理容器イメージ
    生ごみ処理容器
    無電力生ごみ堆肥化装置です。
    減容した生ごみと、減容床は園芸用の堆肥として使用できます。
  • 自動車部材足元パットイメージ
    自動車部材足元パット
    自動車足元衝撃吸収材です。
    耐衝撃性に強く、軽量的にも優位な発泡樹脂が採用されています。
  • 某地域キャラクターイメージ
    某地域キャラクター
    一品物は切削加工にて対応しております。
    金型による大量生産も可能な一方、優れた加工性で単品の製作もしやすいのが発泡スチロールという素材の魅力です。
  • 一般オブジェイメージ
    一般オブジェ
    各種加工を施す造形や加工屋様の造形サポート、もちろんスチロールブロックの販売も行っております。
  • 発泡スチロール・発泡樹脂に関することなら、どのようなことでもお気軽にご相談ください。
    また、掲載出来ませんが、新素材、複合素材及び省エネ構造など
    多岐に渡り研究開発に取り組んでいます。

    株式会社 新井製作所
お問い合わせはこちら
ご質問やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

[ 本 社 ]
026-246-9547
(平日 9:00~17:00)

ページの先頭へ